無関心プール~会う女全員、セクハラし放題の歩く性処理道具~

こんにちは。

 

 

エロまんが大好きなエロエロ大臣です。

 

 

「無関心プール~会う女全員、セクハラし放題の歩く性処理道具~」というエロまんがを紹介します。

 

 

このプールは最高

 

 

な・な・なんと

 

 

このプールにいる女はみんな抵抗しないという催眠にかかっている。

 

 

だから、このプールの女は全て俺のモダ。

 

 

<<<無料お試し読みができます。>>>

 

普段では絶対にできない美女を胸を触っても

 

無関心

 

抵抗しない美女のビキニの端に指をかけ 一気に引き下ろした 。

 

薄い陰毛に覆われた縦筋が露になる

 

「綺麗に処理してあるな」 

 

左右に大きく開く

 

そして指で縦筋を撫でる ゆっくりと‥

「んっ、はぁ‥」

敏感な部分を刺激され、身体は反応する

 

催眠かけられたも気持ちいいことは反応するんだ。

 

指を少しずつ友理奈の中に入れてみる

「ん、ん‥」

身体を左右に僅かに動かす 。

 

若い肉体は 指の微妙な愛撫で、すぐに硬く勃起した

 

中指と親指で硬くなった乳首を摘まみ コリコリと揉み始める

 

「はぁ~!ぁぁ‥はぁ」 

 

体を反らせて歓喜の声をあげる

 

 

また硬くなった乳首を責める

「はぁぁ‥」

体が熱く火照ってきた 、汗が溢れて息が乱れる

ハァハァ‥ 

 

乳房が少し膨らみ、張ってきたのが判る

「はあぁ‥ぁぁ‥」 

 

指を割れ目に当てる

「あぁ‥」

指先だけで割れ目を撫で上げる 微妙な力加減でゆっくりと

「ひ、ひぁぁ‥」

身体を左右に動かし指から逃れようとする

ビクッ!

 

体が痙攣した

 

一番敏感な部分を指が捕らえたのだ

 

小さなピンク色の陰核がキラキラと 輝いている 。

「おまんこが濡れているぞ」

「そ、そんな事は‥」

下腹部が熱くなってるのは わかっていた 。

 

「はあぁ‥ぁぁ!」

 

「はあぁ‥ぁぁ!」

 

潤みを帯びて少し膨張し 中から愛液が溢れだす

 

 

開いた股間に 光るクリトリスを見つけ 親指と中指を使い両脇を押すと クルリと皮が剥けてクリトリスが
飛び出した 。

「ヒィ!」

あまりの刺激に悲鳴をあげる

 

 

それは皮を被った状態でソフトタッチであった

 

それでも十分に気持ちが良かった

 

しかし、今は剥き出しのクリトリスを 男の指で弄ばれているのだ

 

「ヒィィ!ああぁぁぁ‥」

 

あまりの刺激に体がはね上がる

 

 

大きくなったチンポに手を添えて 美女の縦筋に宛がっていた 。

 

 

亀頭が入った所で、菊地は少し止まり

「そら、先っちょが入ったぞ」

 

挿入されたのが自分でも はっきりとわかった

 

更に押し込んでくる

 

ズブズブ‥

 

「あ‥ぁぁぁ‥!」

奥まで入ったことが解る。

 

ゆっくりとピストン運動を始めた

 

美女歓喜の声と股間が打ち合う音が響いていた

 

 

このプールには拒否する権利はない。

 

 

やられるがままの世界だ

 

 

美女たちの淫乱姿でスカッとしよう。

↓   ↓   ↓

BookLiveコミック

1話¥86です。

5話配信中