「俺…異世界で魔法使いになる」というエロまんがのネタバレ 無料お試し読み情報

こんにちは。

 

 

エロまんが大好きなエロエロ大臣です。

 

 

俺…異世界で魔法使いになるというエロまんがを紹介します。

 

 

日頃エッチな事しか考えていなかった。

 

 

彼女に振られ、またエッチができない。

 

 

そんな中風呂場でお湯にかを沈めると

 

 

なんと異次元にワープ

 

 

異次元ではなんと魔法が使える。

 

 

<<<無料お試し読みができます。>>>

「俺…異世界で魔法使いになる」をコピペして検索して下さい。

 

 

風呂から顔をだすとそこには美少女が2人

 

 

すると、なぜか背後に怪獣が?

 

 

美少女とやりたい一心に怪獣に立ち向かう

 

 

すると指の先からなにかが?

 

 

魔法である。

 

 

異次元の世界で魔法が使えるようになった。

 

 

この国を守る約束の報酬が

 

 

あの美少女の2人とエロいことができる約束だ。

 

 

早速2人を目の前で裸に

 

 

俺はクリトリスを舌で舐めながら、乳首を指で愛撫した。

 

 

「ああっ・・・くんっ・・・。」

 

 

あえぎ声を我慢しきれなくなって、涙を浮かべながら、首を振った。

 

 

膣壁が俺の指を何度もしめつけては緩んだ。

 

 

「イったみたいだな。処女なのにイくなんて、感度バツグンじゃないか。」

 

 

そしてもう一人の美女

 

 

少女のような童顔を黒ずんだちんぽでぴたぴたとはたたくと、

 

 

覚悟を決めたように俺のちんぽの根元を手でつかんだ。

 

 

そして、ゆっくりと亀頭を舐め、

 

 

一気の咥え込んだ。

 

 

「くぅん・・・はふ・・・。」

 

 

しばらくは俺のち〇こを咥えていた。

 

 

初めてにしてはなかなかのものだ

 

 

勃〇したち〇こは

 

 

亀頭でワレメを何度もなぞり

 

 

その度に身体がビクッと反応していた。

 

 

クリトリスを指でいじって、ゆっくりとちんぽを挿入した。

 

 

あえぎ声をあげはじめた。

 

 

「はぁ~、はぁ~、いいイヤああああ!、あんっ、ああああああ!」

 

 

俺はさらに腰を動きを早めた。

 

 

「はぁ~、あんっ、ああああああ!はぁ~、」

 

 

 

「ああっ・・・いいっ・・・気持ちイイっ・・・すごいっ・・・来ちゃうっ・・・ぅうっ!」

 

 

 

「んっ・・・ぅうっ・・・ふぅんっ・・・。」

 

 

 

「あっ・・・あんっ・・・ひぃっ・・・イくっ・・・イっちゃう!」

 

 

 

この異次元の女も

 

 

所詮女だ。

 

 

やることは一緒だ・・・

 

無料お試し読みができます。

↓   ↓   ↓

BookLiveコミック

「俺…異世界で魔法使いになる」をコピペして検索して下さい。

1話¥64です。

2話配信中