「陸上部の美人な先輩とイキまくりの激ピストンセ●クス」というエロまんがのネタバレ 無料お試し読み情報

こんにちは

 

 

エロまんが大好きなエロエロ大臣です。

 

 

「陸上部の美人な先輩とイキまくりの激ピストンセ●クス」というエロまんがを紹介します。

 

 

男勝りだが良き見ると美貌である。

 

 

それに、超巨乳でナイスバディの女性だ。

 

 

この先輩とセ〇クス三昧するはめに・・・

 

 

<<<無料お試し読みができます。>>>

「陸上部の美人な先輩とイキまくりの激ピストンセ●クス」をコピペして検索して下さい。

 

暑い日で部活の練習

 

 

しかし、2人だけ

 

 

それも男女

 

 

クールダウンを部室で行う。

 

 

2人きりの部室

 

 

思わぬ発言から事態は俺得展開に・・・

 

 

オッパイを触ってもいいと

 

 

触られたらどんな感じになるのか興味があると

 

 

そして、男のアレも・・・

 

 

ズボンとトランクスを一気に下ろしたのだった。

 

 

下半身は露出され可愛い皮被りペニスが露わになっている

 

 

ノーハンドで口にち〇こを咥え始めた。

 

 

舌先を竿と皮の間に潜り込ませるように挿入し、皮を剥きながらチンカスを舐めとりはじめた。

 

 

なんと変態な先輩なんだろう。

 

 

舐めとったチンカスを飲み込みながら、先輩は呟く。

 

 

「美味しいよ!」

 

 

「ずちゅ、くちゅ、むちゅ、ちゅっぱ、んー、ずちゅ、くちゅ、くちゅ、くちゅ、ずちゅ」

 

 

一生懸命にち〇こを舐め上げている

 

 

アスリートらしい激しく速度を上げて舐めていた。

 

無料お試し読みができます。

↓   ↓   ↓

BookLiveコミック

「陸上部の美人な先輩とイキまくりの激ピストンセ●クス」をコピペして検索して下さい。

 

意外に大きい、乳房。豊かに張ったヒップ。

 

裸で抱きあうと、たちまち興奮した。

 

彼のスポーツで鍛えた引き締まった筋肉質の体こそ、

 

彫刻モデルになれそうなほど美しい…。

 

 

キスをしながら、互いの背を撫で、ヒップに手を這わせ、下半身をこすりあわせる。

 

 

先輩のお〇んこの中のサーモンピンクの粘膜から、透明な液をしたたらせている。

 

 

信じられないくらい硬度のある荒廃のち〇こが、先輩の谷間の中心部を貫いたー。

 

深く押し込んだ後輩は、スポーツで鍛えた筋肉を使い、若さのパワーで強い突き込みを続ける。

 

その連続した動きの激しいことと言ったら!!

 

 

「ああーん、すごい…強い! …あああっ、すご過ぎるっ…いいっ…あああっ。」

 

 

どんなに暴れても、合わさった性器は深くつながって、はなれない。

 

 

「花びらがしびれる…いくうううっ」

 

 

初めてだという2人に、これほどの快楽を与えられるとは、意外だった。

 

 

もう、この快楽は忘れられない。

 

 

先輩も積極的にち〇こを受け入れる。

 

爆乳先輩のアへ顔は抜けます。

↓   ↓   ↓

BookLiveコミック

「陸上部の美人な先輩とイキまくりの激ピストンセ●クス」をコピペして検索して下さい。

1話¥86です。