ナカで深~いのシちゃう?温泉つかると挿入れたくてたまらない…

こんにちは。

 

 

エロまんが大好きなエロエロ大臣です。

 

 

「ナカで深~いのシちゃう?温泉つかると挿入れたくてたまらない…」というエロまんがを紹介します。

 

 

女性が浴びると発情する温泉

 

 

これは面白れぇ

 

 

 

<<<無料お試し読みができます。>>>

「ナカで深~いのシちゃう?温泉つかると挿入れたくてたまらない…」をコピペして検索して下さい。

 

まさか!

 

 

ツアー会社が倒産。

 

 

旅館まできたの全てキャンセル

 

 

しかし、帰る旅費も何もない。

 

 

女将に雇って欲しいと

 

 

しかし、女性だらけの職場

 

 

生意気な仲居がいっぱいいる。そして人使いが荒い。

 

 

もう我慢できない。爆発寸前

 

 

しかし、この近くに秘湯が

 

 

それが

 

 

フェロモンの湯

 

 

効能がすごい

 

・フェロモンをより強くします。

・湯に浸かった男性に対し、女性が発情し、また、湯に触れた女性は発情します。

 

 

こんな温泉は最高だ。

 

 

ペットボトルにいれて持ち帰りたいよね!

 

 

その温泉にあの仲居が

 

 

可愛い顔して気の強い女。

 

 

数分経つと彼女が豹変

 

 

乳首は赤く、グミの実のように硬くなってそそり立っている。

 

 

じわじわと体を侵食していく熱い感覚

 

 

女の部分が熱く濡れてくる

 

 

クレバスの奥の、きゅっと閉じた小さな孔に、おそるおそる中指を入れた

 

 

ぬめりに助けられて、中指は徐々に奥に入っていった。

 

 

快楽を楽しんでいたのだが人影が・・・

 

 

無料お試し読みができます。

↓   ↓   ↓

BookLiveコミック

「ナカで深~いのシちゃう?温泉つかると挿入れたくてたまらない…」をコピペして検索して下さい。

 

この状況に便乗する。

 

 

今迄の恨みを徹底的に返してもらう。

 

 

発情した仲居は

 

 

口では強気の事を言っているが

 

 

股間から手を放していない。

 

 

両手で私の乳房をやさしく包み、ゆっくりと揉む。

 

 

すぐに硬くなる先をつまんでくりくりとされる。

 

 

「っんぁ、やぁ。んん!」

 

 

「ここ好きなんだ。胸は柔らかいのに、先だけ硬くて。えっちだよ。」

 

 

 

「んっ…はぁ、はぁ。」

 

 

 

彼の指が私の中に入ってくる感触に感じてしまう。

 

 

「っあぁ。」

 

彼が私のイイところをゆっくり撫でる。

 

徐々に速く強くなる指の動きは私を確実に追い上げる。我慢…できない。

 

 

「ダメ、ダメ。イク…。」

 

 

ゆっくりと私を押し広げて入ってくる。この瞬間がたまらない。

 

「はいっ…た。」

 

 

健が私の奥まで全部入り、これ以上ないほど陰部が密着する。

 

 

大きくて硬いもので私の中を擦る。

 

突き上げられるたびに私の口から声が漏れる。

 

 

「やっ、イク、イク。イッちゃう。…っやぁ!」

 

 

フェロモンの湯

 

 

今度は誰が欲情するのか?

 

 

生意気な仲居のアへ顔が抜けます。

↓   ↓   ↓

BookLiveコミック

「ナカで深~いのシちゃう?温泉つかると挿入れたくてたまらない…」をコピペして検索して下さい

1話¥54で安いです。

12話配信中です。