オキナグサ 真面目な僕の彼女が生徒会室で会長に…無料お試し読み情報 ネタバレ

こんにちは

 

 

エロまんが大好きなエロエロ大臣です。

 

 

幼馴染で高校受験

 

 

同じ高校に入学ができ

 

 

2人は無事恋人同士なった。

 

しかし、これからが悪夢である。

 

 

生徒会に入った彼女はオモチャにされてしまう。

 

 

清楚な女子高生がち〇こおねだり女子高生に変貌してしまう。

 

<<<無料お試し読みができます。>>>

「オキナグサ 真面目な僕の彼女が生徒会室で会長に…」をコピペして検索して下さい。

 

校舎に居るのは残業してる先生達と私達、生徒会役員のみ

 

 

「気持ち良くしてやるから、舌出して」と会長が

 

私は恐る恐る舌を出しました。

 

“プチュッ”と音がしたと思ったら生徒会長に舌を吸われてました。

 

「う~ンッ」

 

チュッチュッチュプッチュプン…

 

 

湿ったイヤらしい音が真っ暗な生徒会室に響く。

 

 

まさか、私の胸の上に会長の手が伸びて来た。

 

最初は指だけったのに右掌で胸を揉み始めた。

 

ブラウスとタンクトップをたくし上げられた時、怖くなり、身を捩って会長から逃げようとしたが、

 

 

すると、腕を掴まれ、引き寄せられ、後ろから抱き締められてしまいました。

 

ギュウウゥッときつく抱き締められた時にお尻に何か硬い物が当たりました。

 

 

私を抱き締めてた手はいつの間にか、再び胸を触り出しました。

 

今度は両手でモニュモニュと揉んできました。

 

「あっ~」

 

今度は人差し指の腹で乳首をプルプルさせたり、乳輪をくるくる回したりしてきました。

 

乳首や乳輪から電気が流れて身体中を痺れさせる様な不思議な快感が襲ってきました。

 

ここから無料で読めます。

↓   ↓   ↓

BookLiveコミック

「オキナグサ 真面目な僕の彼女が生徒会室で会長に…」をコピペして検索して下さい。

 

私の乳首を人差し指でツンツンとつつき出しました。

 

「あ…あ…あン」

 

「乳首勃って来たよ」

 

「イヤァ…」

 

舌先を乳首に軽く当てて来ました。

 

「あ~ッン!」

 

チロチロと舌先で乳首を転がしたり、乳輪の縁をなぞったり、唇だけで乳首をくわえたりと執拗に責めてきました。

 

 

中指を私のパンティの上に置いて、

 

 

私の恥ずかしい所に会長の中指が当たっる。

 

 

筋をツツ~ッと会長の指がなぞる。

 

 

中指で突起をカリカリとパンティ越しに擦って来ました。

 

今まで以上の強い快感がビリビリと下半身を痺れさせます。

 

「ここがクリか?…」

 

カリカリカリカリカリカリとリズミカルにクリ〇リスを刺激します。

 

 

あっと言う間にパンティを取られ、

 

 

両足を抱え上げられ、マンぐり返しの格好にされいた。

 

 

両手が私の大切な部分をクパァ…ッと開いて

 

 

「…濡れてる…お○んこビチャビチャだぁ…」

 

「いやぁ…拡げちゃイヤ…見ちゃイヤぁ…」

 

両手で私のお○んこを閉じたり、広げたりして、

 

「ヌチャヌチャお〇んこイヤらしい…」

 

 

中指と人差し指をゆっくり私の中に挿れてきました。

 

 

ゆっくり動かしてた2本の指を少しだけ早くピストンしてきました。

 

「アッアッアッアッアッ!」

 

 

ピストンしてた指を抜いたかと思ったら、会長がお○チンを私の膣口に当てがってきました。

 

亀頭が私の膣口をメリハリと拡げて中に入って来るのが判りました。

 

 

ゆっくり、ゆっくり私の中を侵略して来ます

 

 

段々腰のスピードが早くなってきました。

 

 

お腹の上にジュッと熱いものがかかりました。

 

 

開発された彼女は、会長の奴隷になっていくことに

 

 

真面目な彼女が淫乱になる姿が無料で読めます。

↓   ↓   ↓

BookLiveコミック

「オキナグサ 真面目な僕の彼女が生徒会室で会長に…」をコピペして検索して下さい。

1話¥64です。

3話配信中です。