超敏感JuiCy妹は処女ビッチ~はじめてのエンコーからイキまくりギャルのエロエロ快楽堕ち即パコ性活~(ゲームブック)

こんにちは

 

エロまんが大好きなエロエロ大臣です。

 

もうすぐ100人斬りなんだよね

 

ところが、実は男性経験のないウブで純情な処女ガール

 

 

少し弄っただけでイキまくっちゃう程の超敏感娘

 

 

セックスなんてしたらイキすぎて死んじゃうんじゃないか!?なんて、少しビビってしまっている程

 

 

そこに円光おじさんが・・・

 

<<<無料お試し読みができます。>>>

「超敏感JuiCy妹は処女ビッチ」をコピペして検索して下さい。

 

いかにもスケベそうなオジサンに声をかけられてしまう

 

「ちょっと100人斬りの数稼ぎに相手してみたら?」と友人に背中を押されて、引っ込みが付かなくなってしまう

 

 

仕方ないかぁ

 

 

おじさんはベッドの上で鼻の下を伸ばして、私を舐め廻すようにジロジロ見てる

 

私は制服のまま、お尻をおじさんの方に向け、四つん這いになった。

 

おじさんはわたしのスカートをゆっくりとまくり上げ、

 

 

「おお、おおっ!可愛いパンティを穿いているね~」

 

 

おじさんはスカートを腰の辺りまでまくり上げて、お尻を撫でて来た。

 

 

円を描いていた手が、窪んだところにだんだん寄って来た。

 

指で窪んだところを押したり撫でたり

 

 

おじさんは私の割れ目に太い指を埋めて来た。

 

 

「はぁ……いやぁ~ん……」

 

 

ここから無料で読めます。

↓   ↓   ↓

BookLiveコミック

「超敏感JuiCy妹は処女ビッチ」をコピペして検索して下さい。

 

不器用そうに見えたおじさんの指……それは意外なほど器用だった。

 

 

感じやすい私は、もうそれだけで身体が熱球のように火照りはじめていた。

 

 

(あぁん、もうアソコ濡れてるぅ……)

 

 

 

特にクリの皮を丁寧に剥かれた瞬間、

 

 

思わず「キャンッ!」って犬のようなかわいい声を上げてしまった。

 

 

 

時々クリトリスの皮を拡げて、舌の先っぽでレロレロと舐められた時は、気持ちが良すぎて泣き出しそうになってしまった。

 

 

ジュルジュルジュル……)

 

 

「ひぃぃぃぃぃ~~~~~!」

 

おじさんの巧みなクンニについ堪らなくなくなってしまって、私はベッドの上で腹ばいの格好で潰れてしまった。

 

だけど、おじさんのクンニは終わらない。

 

 

アソコをしゃぶられて、身体がジンジンしてきた。

 

甘ったるい痺れとでもいうのか……。

 

 

 

オジサンは、わたしの腰を両手でしっかりとつかんで、すごく硬くなったモノをアソコにあてがった

 

 

(ズニュ、ズブズブズブ……)

 

 

ゆっくりと太いモノが肉ひだを分け入ってくる。

 

 

「あぁ、ああああぁ……」

 

 

入る瞬間の感じと抜く瞬間の感じってすごく違う。

 

これってヒダヒダの向きのせいかしら?

 

おじさんがズンッって押してくる度に、私のお尻が前のめりになってしまう。

 

 

アソコから伝わった快感が身体全体に広がっていく感じ。

 

「あっ、ああっ、あっ、ああっ、くうっ…………」

 

 

おじさんは一度抜いたち〇こを、もう一度入れ直して来た。

 

その瞬間、私は思わず声をもらしてしまった。

 

「あぁ~~ん!お、おじさん……」

 

 

先程よりもすごく大きくなってるし、すごく硬い。

 

 

私のアソコにギチギチにキツく入りこんでる。

 

おじさんは私の曲げた脚を大きく開かせて、グイグイと強く押し込んで来た。

 

 

私の中に秘めた淫靡な渦は、とめどもなく大きく広がろうとしていた。

 

 

「うううっ、うううっ~!」

 

 

おじさんの動きが一段と速くなったと思ったら、アレを引き抜いてしまった。

 

おじさんのち〇こがビクンビクンと脈を打ったあと、白い液体が私のおなか目掛けてシュシュッと降り注がれた。

 

 

処女を奪われた瞬間であった。

 

 

凄く敏感な身体はち〇こがない生活は考えられないことに

 

 

デカチン大好きなビッチが無料で読めます。

↓   ↓   ↓

BookLiveコミック

「超敏感JuiCy妹は処女ビッチ」をコピペして検索して下さい。

1話540。

4配信中です。