春売る少女~俺が惚れたあのコは親父の女~

こんにちは

 

エロまんが大好きなエロエロ大臣です。

 

貧困する家庭事情により、その身体を売っている少女。

 

まさか俺の教育委員の父親と援交関係

 

正体がバレた彼女は、はした金ひとつで徹底的に凌辱され、性奴隷に・・・

 

<<<無料お試し読みができます。>>>

「春売る少女~俺が惚れたあのコは親父の女~ 」をコピペして検索して下さい。

 

食べて行かなきゃならない

 

待合わせはラブホだ。

 

ホテルにやって来たのは、中堅企業の社長風って感じのおじさんだった。

 

いかにも好きそうで顔中が脂ぎっていた。

 

 

ベッドの上で鼻の下を伸ばして、私を舐め廻すようにジロジロ見てる。

 

 

お尻をおじさんの方に向け、四つん這いになった。

 

おじさんはわたしのスカートをゆっくりとまくり上げ、

 

「おお、おおっ!可愛いパンティを穿いているね~」だって。

 

 

おじさんはスカートを腰の辺りまでまくり上げて、わたしのお尻を撫でて来た。

 

 

円を描いていた手が、窪んだところにだんだん寄って来た。

 

指で窪んだところを押したり撫でたり

 

 

おじさんの手はパンツの腰の辺りにかかり、ゆっくりとずり下ろしていく。

 

 

おじさんは私の割れ目に太い指を埋めて来た。

 

「はぁ……いやぁ~ん……」

 

ここから無料で読めます。

↓   ↓   ↓

BookLiveコミック

「春売る少女~俺が惚れたあのコは親父の女~ 」をコピペして検索して下さい。

 

乳房にぎゅっと指が食込み、ゆっくりと揉みしだかれる。

 

「あぁ~ん……そんなぁ……」

 

 

クチュクチュクチュ……クチュクチュクチュ……)

 

滑り込んだ指がゆっくりと割れ目をなぞっている。

 

 

クリトリスの包皮を器用に開き、実を剥き出しにしてこそぐように触られたら

 

 

「あぁっ!そこはダメですぅ…やんやんやんっ!あんあんあん~…やん~~~!ひぃ~~~!」

 

 

身体が火の玉みたいに熱くなっていくのが分かった。

 

 

もう身体がおかしくなりそう。

 

「はふぅん……」

 

 

ギンギンに硬直したち〇こが待ち構えている。

 

 

 

ち〇こが敏感なところに触れた。

 

 

硬くなったオチンチンが私を貫いた。

 

 

一気に奥まで入って来た。

 

「ああっ…!」

 

 

「はぁはぁはぁ~…」

 

 

我慢して援交をしているが、身体は反応している。

 

 

そして、まさか身元がバレるなんて

 

 

これからが性奴隷のプロローグである。

 

 

お金の為と割り切っているが、・・・

 

 

メガネを外した少女はエロ可愛い。無料で読めます。

↓   ↓   ↓

BookLiveコミック

「春売る少女~俺が惚れたあのコは親父の女~ 」をコピペして検索して下さい。

1話¥64です。。

4話配信中です。