鬼畜秘密クラブ-景色に同化して気に入った女をハメ倒せ-

こんにちは

 

エロまんが大好きなエロエロ大臣です。

 

鬼畜秘密クラブ-景色に同化して気に入った女をハメ倒せ-というエロまんがを紹介します。

 

さいこ先生の最新作です。

 

<<さいこ先生作品はこちらで>>

 

鬼畜オヤジたちが、街行く美少女を狩り放題

 

問答無用で穴という穴を犯しまくっていた

 

<<<無料お試し読みができます。>>>

「鬼畜秘密クラブ」をコピペして検索して下さい。

 

路上駐車している大きな車

 

その中ではとんでもないことが起きている。

 

レイプされてる女達。

 

涙ぐんで

 

「帰して、お願い・・・誰にも言わないから!」

 

そんなこと言っても鬼畜連中には聞く耳を持たない。

 

拘束された女性をバックからハメて

 

激しくピストン運動をすると

 

その犯されている足元に美女が涙と涎まみれでワンワンスタイルでハメられている。

 

その他に、犯されている女性たちは、ただこの光景を見ているだけである。

 

また、処女を貫く鬼畜共。

 

この車の中は、女のいやらしい臭いが充満している。

 

ここから無料で読めます。

↓   ↓   ↓

BookLiveコミック

「鬼畜秘密クラブ」をコピペして検索して下さい。

 

男が私に覆い被さるように押さえつけて来たので、嫌がる素振りはしながらも 相手が怒るような反抗はせずにしたいようにさせました。

 

男は私の衣服をたくし上げ 胸に直に吸い付きました。

 

 

気が付くと密着していた男の足に自分の股間をもっと強く押しつけていました。

 

 

男はそれを受け 乱暴に股間を触ってきました。

 

 

「イヤ・・・やめてぇ、誰か助けて」

 

 

泣き叫ぶが誰も助けに来ない。

 

 

むしろ、鬼畜連中は嫌がる女を支配することが興奮を引き立てていた。

 

 

パンティーははぎとられ、

 

クリをと縦割れのお〇んこを執拗に溝を指で這っていた。

 

 

すると、徐々に

 

 

「アッ、アッ、」と小さい声が微かに聞こえてきた。

 

 

この女性はスイッチが入ると急に変わっていく。

 

 

そう、もちろん、お〇んこが照明している。

 

 

少し濡れた程度ではなく…太腿までベッタリとヨダレのように体液が垂れ その事に自分自身が驚きました。

 

 

こんなに濡れていれば、ち〇こが容易に挿れられる。

 

 

また1人鬼畜オヤジにやられてしまう。

 

 

 

レイプ好きな人は必見です。無料で試し読みできます。

↓   ↓   ↓

BookLiveコミック

「鬼畜秘密クラブ」をコピペして検索して下さい。

1巻¥324です。。

6巻配信中です。