ED夫を持つ若い人妻を寝取ってしまう。「隣のオラオラ系と僕の妻【電子書籍版】」ネタバレと無料お試し読みができます。

こんにちは

 

エロまんが大好きなエロエロ大臣です。

 

隣のオラオラ系と僕の妻というエロまんがを紹介します。

 

貞操観念が強い人妻は一つのきっかけでろくなる。

 

最初こそ嫌がっていたが、気付けばとめどない快感の深みへどっぷりとはまり込んでいく話。

 

欲求不満を抑えていたが、その見返りがセ〇クス三昧である。

 

<<<無料お試し読みができます。>>>

「隣のオラオラ系と僕の妻」をコピペして検索して下さい。

 

隣人のチャラ男

 

暇さえあればセ〇クスをする男

 

このマンションの女性は狙われたいるし、食われた女も多数いる。

 

隣の越して来た若夫婦

 

しかし、夫はEDである。

 

妻もそれを受け入れている。

 

不平や不満を漏らすことはなかった。それどころか、何とかして元気にしてあげようと、慰め、励まし、勇気づけていた。

 

これは表向きである。

 

本当は、身体が求めている。

 

若いがゆえに欲求が溜まってくる。

 

連夜に夫を励まし、EDを直すために手で触ってあげたり

 

血流をよくするために口の中で温めたりしたが・・・

 

勃〇しない。

 

人妻の懸命なフ〇ラは愛おいしくて表情がエロい。

 

ここから無料で読めます。

↓   ↓   ↓

BookLiveコミック

「隣のオラオラ系と僕の妻」をコピペして検索して下さい。

 

隣に住む大学生基本的に女たらしで、見た目もチャラく、欲望むき出しで生きる男。

 

 

彼はこのマンションに住む欲求不満の人妻を相手に、暇さえあればセックスをしていた。

 

 

「いや、奥さん、こんにちは」

 

左腕で胸の谷間を隠し、右手でミニスカの裾を引っ張るようにして、紅潮した顔を背けた。

 

ミニスカから惜しげも無く見せる白い生脚を間近に見れば、どんな男でもしゃぶり付きたくなるだろう。

 

胸に浮き上がっている突起を摘んだ。

 

びくんっ…「アンッ…」 

 

不意に乳首を摘まれて、思わず声を洩らした。

 

 

人差し指と中指の間に突起を挟み、刺激しながら乳房を確かめ始めた

 

「綺麗だねえ…」

 

閉じていた入り口が開かれ、奥では複雑なヒダが蠢めいている。

 

顔を近づけ、大きく開いた秘部を凝視した。

 

秘部は婬液で濡れそぼり、呼吸をする度、そして恥辱に耐え、それを悦楽に変える度、膣口は涎を垂らしパクパクと何かを求めている。

 

プックリ膨らんだピンクの真珠を舐め上げた。

 

びくんっ…「あぁ…っ」

 

顔が歪み、頭を仰け反らせた。

 

 

ズズッ ジュルジュル…ジュパ ジュパ 
ビクン ビクビク…「あんっ…あぁぁ…」 

痙攣しながら喘いだ。

 

 

指でピンクの真珠の皮を剥いて全てを晒した。

 

「奥さん、こんなに勃起してる…スケベェだな」

 

 

びくんっびくんっびくんっ「あぁぁ…」 

 

背中は仰け反り、何度も大きな痙攣を繰り返した

 

 

Gスポットをピンポイントで責め立てた。

 

喘ぎながら、腰を大きくグラインドさせる。

 

「あぁ…あぁ…スッゴい…ア、ア、アン、アンッ」 

 

ビクビクと不規則な痙攣が始まり、指を腟壁全体が締め付けてきた時、指を引き抜いた。

ジュポン…
白濁した婬液が溢れ出た。

 

「やんっ…」

 

 

いきり勃った肉棒を頬に擦り付けながら言った。

 

「く…ください……」 

 

 

亀頭を入り口に当てがい、腰を入れた

 

 

入り口は最初抵抗したものの、それが待ち望んでいたものと分かると、亀頭を呑み込んだ。

 

 

更に腰を入れると、入り口がカリ首を締め付け、亀頭に無数のヒダが絡みついて奥へ吸い込もうとする。

 

 

今まで受け入れたことのない大きさに、呆気なく逝かされた。

 

 

本能的なセックスを教え込まれる

 

 

変態叔父に犯される姪が無料で読めます。

↓   ↓   ↓

BookLiveコミック

「隣のオラオラ系と僕の妻」をコピペして検索して下さい。

1話¥64です。。

9話完結です。