尻穴フェチ必見「尻穴でメスに引き戻された文系眼鏡妻・遥子(34歳)」ネタバレ。

こんにちはエロまんが大好きなエロエロ大臣です。

 

 

尻穴でメスに引き戻された文系眼鏡妻・遥子(34歳)というエロまんがを紹介します。

 

大学生の頃、ヤリサーで若い女が悦んでマワされる姿

 

それが、遥子の汚点であった。

 

身体は忘れることができない。

 

<<<無料お試し読みができます。>>>

「尻穴でメスに引き戻された文系眼鏡妻・遥子(34歳)」をコピペして検索して下さい。

 

まさか、あの出来事がネットに流れていたなんて。

 

 

今はインテリア風でアナルなんて。

 

 

ケンジは遥子がもう男遊びをしていないことを証明するためにお尻をイジらせてくれと要求してくる

 

 

すると、いとも簡単にアナルに指が入る。

 

 

尻の穴に指をねじ入れられる。

 

 

指は前後する。

 

 

排泄の穴へ出し入れするのだから当然の事ながら、指の傍らからは黄色い汚れが流れ出てはソファーと滴り落ちていた。

 

女の身体はとうに汗まみれだ。

 

 

背中はもちろん、肩口や乳房の横、腿に至るまでが濡れ光っている

 

ここから無料で読めます。

↓   ↓   ↓

BookLiveコミック

「尻穴でメスに引き戻された文系眼鏡妻・遥子(34歳)」をコピペして検索して下さい。

 

 

「っああアアア゛!!!んんわああああああ゛っっ!!!!!」

 

 

「あああ、わ、わたくしのお尻……!わたくしの、お尻に、指があぁ…………!!!」

 

 

正常位の姿勢で脚を上に掲げさせたまま固定し、丸見えになったアナルを徹底的に嬲りまわした。

 

 

「くぁあ、ああ、ああああっ……!!!」

 

 

仰向けのまま蛙のように脚を開かされ、正面からアナルに指を抜きさせされていた。

 

 

だが一堂の視線はその動きの上、桃色の卑劣に集まっている。

 

 

濡れていた。

 

 

少女達の指が押し広げる肉ビラの内部は、何とも艶かしく濡れている、アナルの方へまで蜜を垂らしている。

 

 

指が粘液を纏わせながら抜き去られ、ぽかりと空いた穴

 

 

凄く卑猥な光景である。

 

 

この快感が蘇ってきた

 

 

身体が悪れるわけがない。

 

 

その証拠にお〇んこがぐちゃぐちゃになっている。

 

 

どちらの穴にも簡単に入るほど濡れそぼっている

 

 

お尻フェチはここから無料でお試し読みができます。

↓   ↓   ↓

BookLiveコミック

「尻穴でメスに引き戻された文系眼鏡妻・遥子(34歳)」をコピペして検索して下さい。

1話¥86です。

4話配信中です。