家出金髪ギャルを孕ませてみた

こんにちはエロまんが大好きなエロエロ大臣です。

 

 

「家出金髪ギャルを孕ませてみた」というエロまんがを紹介します。

 

 

金髪ギャルがベンチ座っている。

 

 

あきらかに家出少女である。

 

 

優しさで声をかけるおじさん。

 

 

きの弱そうなおじさんだからついていくことに

 

 

しかし、おじさんの目的は金髪ギャルの身体である。

 

 

<<<無料お試し読みができます。>>>

「家出金髪ギャルを孕ませてみた」をコピペして検索して下さい。

 

「……お邪魔、します」

 

 

「ただでは、泊めないよ!」

 

 

「んっ…ちゅっ」

 

 

突然キスをしてくるおじさん

 

 

 

「何を驚いてる? 俺とセックスがしたかったんだろう?」

 

 

「えっ? やぁっ……!」

 

 

カチャカチャとズボンのベルトを外す。

 

 

ズボンが重力で床に落ちた。

 

 

下着を下げ、露出したち〇こを視線に晒した。

 

 

「その気にさせてもらおうか。お前のその口でな」

 

 

驚いた顔で俺の性器を見つめていた。

 

 

手淫や口淫が初めてということだな。

 

俺のペニスをゆっくりとその口に咥えた。

 

 

「んぅ…あむっ…ちゅっ…」

 

 

ペニスが温かさに包まれて舌で優しく転がされる。

 

ここから無料で読めます。

↓   ↓   ↓

BookLiveコミック

「家出金髪ギャルを孕ませてみた」をコピペして検索して下さい。

 

「んぶっ、んぶっ、ちゅっ、ちゅっ、じゅぼっ、じゅぼっ……はぁ、はぁ。んっ…ちゅむ、ちゅむ、じゅぼっ、じゅぼっ」

 

 

たまに休みながら、口淫してくれる金髪ギャル。

 

 

顎から垂れて胸にまで伝った唾液が、その興奮を加速させた

 

 

「乳首が立ってるな。興奮しているのか?」

 

 

お〇んこはぐっしょりと濡れ、布団に小さな染みを作っていた。

 

 

指で膣の周りをくすぐるようになぞる。

 

 

「ひゃあんっ!?」

 

 

俺はクリトリスを剥き、その核を優しくいじり始めた。

 

 

「っ!? やぁあっ!? そこは駄目っ!?」

 

 

 

お〇んこが、待ちきれないと言うように、ぴくぴくと俺を挑発していた。

 

 

竿や袋、亀頭や裏筋を丁寧に舐めていく。

 

 

 

唾液まみれになったペニスから、つぅーと白い肌に唾液がいやらしく垂れ落ちた。

 

 

金髪ギャルのお〇んこに剛直を埋め込んでいく。

 

 

「んっ…むっ…ちゅっちゅっ…!」

 

 

ち〇こには、温かな温もり

 

 

突くたびに強烈な締め付けが

 

 

少しだけ腰のスピードを上げて深いところを突いていく。

 

 

「あんっ…あっ…そ、それ、気持ちいいかも…」

 

 

深い方が感じるらしい

 

 

金髪ギャルのお〇んこが不規則におじさんのペニスを締め付けてくる。

 

 

 

さらに腰の速度を速めて金髪ギャルの膣を深くついていく。

 

 

「あっ、んっ、イくっ! っ~~~~~~~!!」

 

 

脚をぴんっと伸ばした金髪ギャルのお〇んこがきゅうっとおじさんのち〇こを締め上げる。

 

 

金髪ギャルとの孕ませセ〇クスがここから無料でお試し読みできます。

↓   ↓   ↓

BookLiveコミック

「家出金髪ギャルを孕ませてみた」をコピペして検索して下さい。

1話¥64です。

2話配信中です。