愛嬢~セクシー女優ヒミツFile~高橋しょう子

こんにちはエロまんが大好きなエロエロ大臣です。

 

「愛嬢~セクシー女優ヒミツFile~高橋しょう子」というエロまんがを紹介します。

 

 

地球最後の日にHするなら…ダレ――

 

 

それは学生時代の元カレである。

 

 

セクシー女優№1 しょう子

 

 

彼女のセクシー姿は勃〇全開である。

 

 

少し、覗いてみませんか?

<<<無料お試し読みができます。>>>

「愛嬢~セクシー女優ヒミツFile~高橋しょう子」をコピペして検索して下さい。

 

しょう子のオ〇ニーは指派?電マ派?

 

 

彼女は電マ派

 

 

あの振動は絶頂を迎えることができる。

 

 

固くて丸いものを右の付け根に当てる。

 

 

―ヴヴヴヴヴヴ!

 

カチリとスイッチが入ったと同時に、それは激しく振動しはじめた。

 

 

小刻みに振動するそれは確かに付け根を中心に当てられているけれど、ゆるゆると立ちはじめていたクリトリスから全身に電気のような快楽を走らせた。

 

 

ヴヴヴヴっとバイブのように振動するそれは、クリトリスをぐりぐりと激しくこねて、押しつぶし、先端をいじめては根本から強く刺激する。

 

 

「ああああ!」

 

 

びくん、と身体がしなる。

 

 

ぐちゅっ! びちゃびちゃ

 

 

激しい水音を立てながら

 

 

ひくひくと、クリだけじゃなくて秘部の奥までが痙攣する。

 

 

クリトリスが真っ赤に充血している

 

 

つま先まで全身が痺れ、あそこがおかしくなるくらい痙攣した

 

 

しょう子のオ〇ニーです。

 

ここから無料で読めます。

↓   ↓   ↓

BookLiveコミック

「愛嬢~セクシー女優ヒミツFile~高橋しょう子」をコピペして検索して下さい。

 

そして、学生時代の元カレともう一度セ〇クスがしたい。

 

あの時の

 

 

「今日は、これを使おう」

 

 

取り出したのは、手錠である。

 

 

手錠をハメられ、身もだえするしょう子のを、

 

 

「すごくそそるな、この格好…もうしょう子は、僕の思うままだからね」

 

 

乳首を吸われ、ウエストの肉に吸い付かれ、しょう子は悲鳴を発して蜜を流した

 

 

赤くツンととがったクリトリスの頂上を、たっぷりと流したしょう子の蜜をつけた指先で、くるくるくるくる、なでまわす。

 

 

手錠のおかげで抵抗できない。

 

 

「だめっ、もう、おかしくなるっ」

 

 

手を拘束されたまま、しょう子の両足が、高く持ち上げられる。 彼の信じられないほど硬く猛った男根が、しょう子お〇んこの中にぐぐっと入ってきた。

 

 

「ひいーっ、いくううううっ」

 

 

「すごい!やん、感じる、感じるうううっ…あああああーっ」

 

 

初めての拘束プレイ

 

 

しょう子は感じ過ぎて眠ってしまった。

 

ここから無料で読めます。

↓   ↓   ↓

BookLiveコミック

「愛嬢~セクシー女優ヒミツFile~高橋しょう子」をコピペして検索して下さい。

1話¥51です。

2話配信中です。