禁断な関係が「教え子JKとHな冬休み」ネタバレ 無料お試し読み情報

こんにちはエロまんが大好きなエロエロ大臣です。

 

 

「教え子JKとHな冬休み」というエロまんがを紹介します。

 

 

クリスマスシーズン

 

 

ホテルが1番混む時期

 

 

彼氏彼女がいれば楽しい時期だが、

 

 

決してそんな人たちだけではない。

 

 

1人寂しく過ごしている人が多いはずだ。

 

 

そんな中、教え子が家に

 

 

そして、まさかの言葉が

 

 

「私…一人の男性として、先生が好き」

 

<<<無料お試し読みができます。>>>

「教え子JKとHな冬休み」をコピペして検索して下さい。

 

世間はクリスマス。俺は独り寂しくクリスマスを祝っていた。

 

 

インターホンが鳴った。玄関先に立っていたのは教え子の「結菜」、割と仲の良い生徒だ。

 

 

「どうせ独りなんでしょ?」と、ずかずか家に上がり込んでいく

 

 

この結菜の目的は

 

 

告白だ。

 

 

「先生と聖夜を過ごすために来たんだよ」

 

 

先生と言っても所詮男だ

 

 

この言葉を聞けば溜まっていたものが爆発だ。

 

 

先生ではなく男としての対応である。

 

 

そう、誘惑に負けてしまった。

 

ここから無料で読めます。

↓   ↓   ↓

BookLiveコミック

「教え子JKとHな冬休み」をコピペして検索して下さい。

 

『先生ならいいかなって思ったの。先生のこと好きだからそれでもいいかなって』

 

 

結菜の唇を奪った。

 

角度を変えて、舌を絡めながら口内を犯していく

 

 

『やぁ…ぁ』

 

キスだけで色っぽい吐息を漏らす結菜は、いつも教室で見せる顔からは想像できない女の顔

 

 

着の隙間からを中指を埋め込む。

 

『んッ…あっ』

 

 

指を二本に増やして掻き回すと腕の中の小さな体が小刻みに震える。

 

『んあッ…やぁ…』

 

目を瞑って快感に耐える姿はなんともいじらしい。

 

 

中は指を締め付けながらビクビクと痙攣を繰り返す

 

 

俺はズボンを脱いで片足を持ち上げて自分のモノを宛てがう。

 

 

先端を挿れて腰を進める。

 

 

『あぁぁあっ!!』

 

離さないとばかりに吸い付いてくる結菜の熱いお〇んこ。

 

 

腰を打ち付る程に次から次へと溢れ出てくる愛液。

 

『はぁ、あぁっ、んッ…あぁッ…せん、せッ…』

 

 

より激しく、より深く…

 

俺の動きに応えるように背中に回された手に力が入るのを感じる

 

『はぁ…あぁ…ッ…ああぁぁ』

 

どんどん声が抑えられなくなる結菜の口に指を突っ込んで舌を弄ぶ。

 

 

は一気に最奥目掛けて打ち付けた

 

 

『んんッ…あぁ…ンンッ!」

 

快楽に身体を震わせて俺のモノを更に締め付ける。

 

 

分の身体にも絶頂の波が一気に駆け巡り、ズルッと引き抜いてそのまま結菜の太腿に欲を放った

 

 

俺の唇にキスをした。

 

笑顔で手を振って去っていく結菜

 

 

これから結菜との禁断な関係が始まる。

 

 

先生と生徒の禁断な関係がここから無料でお試し読みができます。

↓   ↓   ↓

BookLiveコミック

「教え子JKとHな冬休み」をコピペして検索して下さい。

1話¥86です。

2話配信中です。