ツボを押したらHなスイッチはいっちゃった!? ~近所のあの子に快感施術~

こんにちは

 

エロまんが大好きなエロエロ大臣です。

 

 

ツボを押したらHなスイッチはいっちゃった!? ~近所のあの子に快感施術~というエロまんがを紹介します。

 

 

田舎の整骨院で仕事

 

 

患者は老人ばかり

 

 

たまには若い子が来ないのかと期待しているが・・・

 

 

すると、JKが来院

 

 

バレー部で脚を怪我したという彼女に施術を

 

 

少しだけ触るくらいなら・・・

 

 

どころがそれが火をつけた

 

 

<<<無料お試し読みができます。>>>

「ツボを押したらHなスイッチはいっちゃった!? 」をコピペして検索して下さい。

 

すぐ効くアロマオイルでのマッサージ

 

 

手をオイルでほぐして、腕にいき、そして今度はふくらはぎ、

 

 

そのままオイルを手につけて太股に塗る。

 

 

身体が暖かくなって気持ちがいい

 

 

揉んでいる施術者が変な気分になってくる。

 

 

肉付きが良く、JKの肌が柔らかく手に吸い付いくるようだ。

 

 

マッサージというかんじでなく、撫でているだけのように思えた。

 

 

太股を撫でられつづけた。

 

 

胸のあたりを撫でられ始めた。

 

 

鎖骨から胸のしたあたりまで円をかくように撫でる。

 

親指が時々乳首をかするようになった。

 

 

思わず『ンッ…』と顔をそむける。

 

ここから無料で読めます。

↓   ↓   ↓

BookLiveコミック

「ツボを押したらHなスイッチはいっちゃった!? 」をコピペして検索して下さい。

 

大胆に胸をもみながら、片手で下半身を触り始めた。

 

『はぁ…。んっ、あぁっ。やっ…。』

 

 

私の足を広げさせて恥骨を掌で震わせてきた。

 

『は…あああぁ。だめっ…はぁっ。』

 

 

ねっとりと乳首をなめまわす。もうあそこは自分でもわかるくらい濡れていた。

 

 

『あぁん。はぁん。んっ、ダッメェ…』

 

 

再び下半身に手を出した。次はクリトリスのあたりを直接指でおしてきた。

 

 

背中がのけぞり声がでそうになるのを、ベッドをつかんで抑えた。

 

『んんんぅ…ああああっ』

 

 

クリトリスを押し潰すようにクニュクニュしはじめた

 

 

乳首を吸われた瞬間、『ンッ…ンン。やぁぁぁぁ。』

 

全身がすごい勢いで痙攣し始めた

 

 

痙攣するからだを必死に押さえる。

 

 

んんんぅ。ひゃぁん…あ…っも…だめ』

 

 

『もう…あっ。ああ、んっ、はぁ…』

 

 

痙攣が納まらない体

 

 

そして、処女まで奪われてしまう。

 

 

ここから無料でお試し読みできます。

↓   ↓   ↓

BookLiveコミック

「ツボを押したらHなスイッチはいっちゃった!? 」をコピペして検索して下さい。

1話¥64です。

2話完結です。