ねえ、いま私たち二人きりだよ

こんにちはエロまんが大好きなエロエロ大臣です。

 

「ねえ、いま私たち二人きりだよ」というエロまんがを紹介します。

 

 

アフラフォー・アラサーなお姉さんたち

 

 

一番したい年頃

 

 

アラサーは本当にHでたまんないエロさ

 

 

とろけるような身体

 

 

最高の熟した身体である。

 

<<<無料お試し読みができます。>>>

ねえ、いま私たち二人きりだ」をコピペして検索して下さい。

 

テントのように盛り上がり、ズボンの生地が張り裂けそうだった。

 

 

そんなち〇こをみたら熟女は放さない。

 

 

あ、すごく固い、それに大きいね、やだっ、ごめんね、これじゃ痴女だね

 

 

鋼のように硬い肉棒は、根本のバネが利いてブルルンと弾んだ。

 

 

「すごい…こういうの久しぶりなの」

 

 

硬いモノの先端をチロチロと舌先で舐めてみた

 

 

舌先に感じる彼の肉棒が、痙攣するようにビクンビクンと震えている。

 

 

楽しみにしていた好物をほおばるようにパクっとそれをくわえた。

 

 

強く吸ったり、舌で転がしたり、すぼめた唇で激しくしごくように頭を上下させた。

 

 

乳房を優しく揉みしだき、乳首を摘んでは指先で転がすように弾いた。

 

 

執拗な胸への愛撫に、懸命に耐えた。

 

ここから無料で読めます。

↓   ↓   ↓

BookLiveコミック

ねえ、いま私たち二人きりだよ」をコピペして検索して下さい。

 

「は、恥ずかしいよぉ~」

 

 

眼前の濡れて光沢をまとった秘密の泉を無遠慮に眺めまわすと、無心にそこを舐め始めた。

 

 

ニュルニュルと蛇のように動く舌が、永らく閉ざされたままだった貝のような陰唇をこじ開けた。

 

 

それに応えて、中からは今まで溜まっていたものが一気に溢れ出すように淫液が垂れてきた

 

 

「あぁ…、ん、やだ、気持ちいぃ~」

 

 

わざとジュッパジュッパと音を立てて吸った。

 

 

受け入れ態勢は万全だった。

 

 

 

「入れちゃうよ」

 

 

「うん、来て…」

 

吸い込まれるようにアソコに突き刺さっていく。

 

 

根本まで入ったところで、合体したままの態勢で抱き上げた。

 

 

駅弁スタイルだ。

 

 

打ち付ける腰の動きがどんどん速くなっていく

 

 

お〇んこの中、すごく熱くて、すごく締まってて、マジで気持ちいい

 

 

熟女のお〇んこは凄く気持ちいい

 

 

ここから無料でお試し読みできます。

↓   ↓   ↓

BookLiveコミック

ねえ、いま私たち二人きりだよ」をコピペして検索して下さい。

1話¥54です。

18話配信中です。