普通の主婦が風俗に堕ちた理由

こんにちはエロまんが大好きなエロエロ大臣です。

 

「普通の主婦が風俗に堕ちた理由」というエロまんがを紹介します。

 

 

家計が苦しい。

 

 

夫の収入だけでは暮らせない

 

 

そこで考えたのはバイトだ

 

 

高額なバイト。それは風俗以外ない。

 

 

広告には簡単・安心・と誰でもできるように書いてあるが・・・

 

 

<<<無料お試し読みができます。>>>

「普通の主婦が風俗に堕ちた理由」をコピペして検索して下さい。

 

「何もしなくていい風俗」と書いてあるが求人

 

 

面接だけならいいと予約をした主婦

 

 

面接員は可愛い女性。

 

 

不安や心配を払拭する説明

 

 

そして、体験入店すれば祝い金3万

 

 

その気になり、入店すると

 

 

ち〇こを一生懸命にしこっている男を見ているだけ。

 

 

男は人妻の顔と胸を見ながらオ〇ニーを

 

 

それを見て、お〇んこがジンジンとしてきた。

 

 

何だか熱くなっている。

 

 

.もじもじしている股間

 

 

お〇んこからいやらしい汁がでているのがわかる。

 

ここから無料で読めます。

↓   ↓   ↓

BookLiveコミック

「普通の主婦が風俗に堕ちた理由」をコピペして検索して下さい。

 

乳房は俺の手の動きに合わせて形を変えた。

 

 

その様子が何ともなまめかしく、いやらしい。

 

 

乳首はむくむくと大きくなり、硬くなってくる。

 

 

もう片方は指で摘まんだり、しごいたりした。

 

 

ちゅっと音を立てて亀頭にキスをする。

 

 

離した唇から、先走り汁が糸を引いた。

 

 

亀頭の先にベージュの口紅がわずかに色移りする。

 

 

主婦のフェラは絶品だった。

 

 

ずは浅いところで舌を素早く動かし、感度を少しずつ上げていく。

 

 

いったん口から出して、舌を長く伸ばし、アイスキャンディーを舐めるようにサオの側面を舐め上げたりもした。

 

 

カリや亀頭といった敏感なところにも舌を這わせていく。

 

 

ハケで唾液を塗りこむような動きで、平らにした舌が息子の上を動いた。

 

 

今度は両脚を抱えて、一気に開かせる。

 

 

オマ〇コがぱあっとあらわになった。

 

 

ヘアは柔らかく艶もあった。その下の割れ目はほどよいピンク色で、花びらの形もきれいだ。

 

 

全体がしっとりと濡れていて、花びらがわずかに開いていた。

 

 

「やあだ、おばさんのオマ〇コなんて、そんなにまじまじ見ないで」

 

 

割れ目を指でくすぐるようにしてこすると、指先があたったクリトリスがピンと大きくなって飛び出した。

 

 

松の実のような形で、真っ赤に充血している。

 

 

「あああ、あ……っ」

 

 

人妻は風俗の仕事を楽しんでいた。

 

人妻風俗はエロい。ここから無料でお試し読みできます。

↓   ↓   ↓

BookLiveコミック

「普通の主婦が風俗に堕ちた理由」をコピペして検索して下さい。

1話¥64です。

2話配信中です