悪女学園 ~性悪ドスケベ調教~

こんにちは

 

エロまんが大好きなエロエロ大臣です。

 

 

「悪女学園 ~性悪ドスケベ調教~」というエロまんがを紹介します。

 

 

ブラック学園。

 

 

赴任した教師はすぐ辞めてしまう

 

 

それには、訳があった。

 

3人の女性だ

 

 

冤罪をでっちあげる女子生徒。

 

セクシーなタイトミニが似合う美脚を持った美人婦警。

 

豊麗なバストを揺らし誘惑してくる理事長。

 

 

この3人に復讐を誓う。

 

<<<無料お試し読みができます。>>>

「悪女学園 ~性悪ドスケベ調教~」をコピペして検索して下さい。

 

先ず1人目は美人婦警。

 

 

両手両足を拘束する。

 

 

自由を奪い、乳首とクリ、そして肉ひだを電流アクメ地獄だ

 

 

女子高生の尖った乳首にプラスの電量クリップを挟む

 

 

勃〇したクリにも電量クリップを挟む

 

 

女が寝かされているベッドの横には電流装置がありクリップを付けた場所に激しい電流を流していた。

 

 

「おッー!!」

 

 

「おごおおお!! ごお”お”お”おお」

 

 

女は白目を剥き、膣壁だけではない。乳頭とクリにも電気が流されて、豊満な胸とクリが別個の生き物のように暴れ始めた。

 

 

女の性器は電気で責め続けられて赤く爛れている

 

ここから無料で読めます。

↓   ↓   ↓

BookLiveコミック

「悪女学園 ~性悪ドスケベ調教~」をコピペして検索して下さい。

 

2人目は理事長

 

 

バイブをねじ込み人前で・・・

 

 

太い、変な形のバイブを入れられた理事長。

 

さらに、一番敏感なクリにグミみたいに柔らかいローターを押しつけてくる。

 

「きゃっ!」

 

 

ぐにぐにと柔らかく変形するローターは、小刻みに緩く振動し、理事長のクリトリスを刺激する。

 

 

「ふぁああ!だめっ!だめぇ!もお我慢できな……!」

 

ヴヴヴヴ……

 

という機械音と供に、私の膣内で暴れる。

 

太く、大きなカリが逞しく膣肉をまさぐり、うねって、敏感なそこを押し上げた。

 

 

ぶぃーん、と、機械的な音を立てて、アソコのローターが振動をはじめた。

 

「きゃああああ!」

 

 

真っ赤に充血している、ぷっくりとしたクリを摘まむように全方位から刺激して、押しつぶして。

 

 

「あ、あん、ああああ!きもち、気持ちいいよぉ!」

 

 

身体が痙攣しているのに、びくびくとした感覚も、愛液が肌を伝う感触も、ただこすれ合っている皮膚すら気持ち良くて。

 

 

「すっげぇ……あったかくてどろっどろ……ぴちゃぴちゃいってんじゃん」

 

 

大人のオモチャで犯される女理事長

 

 

そして、今度は女子高生の番だ・・・

 

ここから無料で読めます。

↓   ↓   ↓

BookLiveコミック

「悪女学園 ~性悪ドスケベ調教~」をコピペして検索して下さい。

1話¥75です。

6話配信中です。