バイトの巨乳ポニテJKと孕ませえっち

こんにちは

 

エロまんが大好きなエロエロ大臣です。

 

 

「バイトの巨乳ポニテJKと孕ませえっち」というエロまんがを紹介します。

 

 

もし、JKに告白されたらどうしますか?

 

 

やっちゃう?

 

 

断る?

 

 

「ア●ルなら中出しでもOKでしょ♪」なんて言われたら

 

 

大抵の男性は理性を失い、

 

 

突っ走っちゃうよね。

<<<無料お試し読みができます。>>>

「バイトの巨乳ポニテJKと孕ませえっち」をコピペして検索して下さい。

 

離婚寸前の店長。

 

 

バイト先のJKにバイト終了後お話があると・・・

 

 

 

てっきり、退職の話であると思っていたが!

 

 

まさかの話である。

 

 

それは、恋愛相談であった。

 

 

その人は、年上である店長の事だ。

 

 

それを知った店長はもう大慌て

 

 

JKはエッチな誘いをする。

 

 

そして、この言葉が店長の我慢の糸が切れた。

 

 

「ア●ルなら中出しでもOKでしょ♪」

 

 

お尻に手を回し、

 

制服のスカートの中に手を入れ、

 

パンツを思いっきり割れ目に食い込ませる。

 

 

「可愛いパンツはいてるねー」

 

 

パンツを開くと、クロッチにシミが付き白くカピカピになっている部分を舐め始める。

 

 

薄らと陰毛が生え、綺麗な縦ラインの割れ目が丸見えになってしまう。

 

ここから無料で読めます。

↓   ↓   ↓

BookLiveコミック

「バイトの巨乳ポニテJKと孕ませえっち」をコピペして検索して下さい。

 

ち〇こはみるみるうちに勃起してくる

 

 

店長は勃起したペニスに手を添え、若菜の肛門にち〇こをブスっと突き刺す。

 

「いっ痛いぃっっぃいい」

 

「アナルファックはHじゃないからね。」

 

 

キツキツに締まるアヌスの奥までペニスを挿入し、グリグリとかき回す。

 

 

若菜は唇を噛み締め、体を強ばらせながら、じっと我慢するもペニスがゆっくりとアヌスを出し入れされる

 

 

若菜のお尻の穴は、チンポが挿入される度にどんどん広がり、ぽっかりと大きな穴が開いていく。

 

 

何度もブボボボとアヌスから音を鳴らし、嗚咽している若菜のアナルにおじさんは射精する。

 

ドピューーーン

 

ザーメンがアヌスに注がれるとガクンと体を震わせ、若菜は失神するように床に倒れこんでしまう。

 

 

「今度はお〇んこに頂戴!」

ここから無料で読めます。

↓   ↓   ↓

BookLiveコミック

「バイトの巨乳ポニテJKと孕ませえっち」をコピペして検索して下さい。

1話¥86です。

2話配信中です。