6年ぶりに帰省したら弟のように思っていた幼馴染の体が…

こんにちは

 

エロまんが大好きなエロエロ大臣です。

 

 

「6年ぶりに帰省したら弟のように思っていた幼馴染の体が… 」というエロまんがを紹介します。

 

 

天真爛漫な巨乳田舎娘

 

 

今は見違えるほどに女らしい体つきに成長していた。

 

 

身体の相性が良すぎたふたりは、まるで動物のような激しい子作りにふけってしまう。

 

 

<<<無料お試し読みができます。>>>



 

ド田舎に里帰りした青年。

 

 

年下の幼馴染の事をなつかしんでいた。

 

 

その時に、その彼女が現れる。

 

 

昔の面影があるが、完全に女性の身体になっている。

 

 

ジロジロ見ているとまさかの発言が

 

 

「そんなに見たいなら・・・」

 

 

タンクトップを脱ぐ幼馴染

 

 

ダイナマイトボディーの彼女の誘惑にち〇こがギンギンになってしまった。




手を取って、抱きしめる。

 

 

そして、じりじりと近づいて、キスをした。

 

 

 

「もう、止めらんないけど、大丈夫?」

 

 

 

「ンン…、うん…」

 

 

柔らかく、大きな手が幼馴染の乳房を包み込むと、優しい手付きで確かめるように乳房を揉む。

 

 

「あん…」

 

 

先端の敏感な所も感じる様に揉みほぐされて、口から喘ぎ声がこぼれる。気を良くしたようにニヤリとして、乳首を口に含んだ。

 

 

「あっ、だめ、そんな…、あぁん…」

 

 

ここから無料で読めます。

↓   ↓   ↓

BookLiveコミック

 

 

両方の乳首を交互に愛撫しながら、足の間に手を伸ばした

 

 

足の間にひざまずいた。秘部は、その目の前に晒されている。

 

 

はずかしくて足を閉じようとしても、彼のたくましい身体がそうさせてくれなかった。

 

 

「あっ…! だめ…っ、そこはっ、ねぇ、やあん…っ、あぁ…!」

 

 

「めちゃくちゃ濡れてる…」

 

 

秘部に顔を埋めた。

 

 

秘部をかき回す。ジュブジュブと音をたててクリトリスをしゃぶられて、声を上げてのけ反る。

 

 

「ひぃ、ん、ん、やぁ、ダメェ…ああっ、やだぁ…、そこ、いや、もう、ねぇ、しゃぶらないでっ、もぉ、イッちゃう…ンンンンっ!!」

 

 

ガクガクと身体を震わせて絶頂する。

 

 

引っ切り無しに愛液があふれてきていた。

 

 

お〇んこの中に指をゆっくりと埋め込んだ。

 




「ひぁ、ぁん…!」

 

 

指の腹がデリケートな内壁の上側を押すように撫でたり、押し込んでかき回したり、唇はクリトリスを挟んで柔らかくしごき、吸い付いて、舌は敏感な先端部分を舐め回す。

 

 

柔らかく、愛液でぬかるんだ膣口は難なくち〇こを受け入れる。

 

 

「あっ…あぁっ、んっ、すごい…っ、おっきい…!」

 

 

「やぁン…! こんな、奥まで…っ、突かれたら…ダメになっちゃうぅ…」

 

 

「ああっ、なにそれェ…っ、だめぇ…イクっ、イっちゃう…! イクうぅぅっ!!」

 

 

がくがく腰を震わせて、彼女は急にぐったりと身体から力を抜いた。

 

 

「このまま…一回だけでいいの?」

 

 

意味深な言葉だ・・・

 

 

発達した幼馴染の身体を弄ぶまんがが無料でお試し読みできます。

↓   ↓   ↓

BookLiveコミック

1話¥86です。

5話完結作品です。