「椿ヶ丘団地の管理人」シングルマザーが性のサービス。ネタバレ、無料お試し読み

こんにちは。

 

エロまんが大好きなエロエロ大臣です。

 

今回は「椿ヶ丘団地の管理人」と言うエロ漫画を紹介します。

 

リストラされたシングルマザー

 

30過ぎた女性の再就職は厳しい社会である。

 

そこにこの団地の管理人にならないかと

 

給料が出る上に家賃も免除される

 

これはお得である。

 

契約書に「サービス」と書いてあるが、内容がわからないが団地の管理だからそんなに難しくないと安易に考えて契約を・・・

 

しかし、「サービス」は団地住民の性のサービスである。

 

<<<無料お試し読み>>>


「椿ヶ丘団地の管理人」をコピペして検索してください。

 

簡単な仕事ばかりで私にもできそう。

 

 

しかし、それは表向きである。

 

 

団地友達に誘われて管理人に

 

 

その友達が団地内の住民からチケットを預かり、団地の裏は、気になりこっそりとついていくと2人はをしていた。

 

 

男性住人への性サービスも管理人の仕事のうちだというのだ。

 

 

この状況を見た美智子は管理人を断るが、娘の進学でお金が必要である。

 

 

仕方なく管理人は引き受けてしまった。

 

 

それが快楽の世界に突入するとは美智子には想像もつかなかった。

 

 

管理人の最初の仕事がなんとその性サービスである。

 

 

シングルマザーの美智子は久しぶりに男と性行為を・・・

 

 

誰もいない昼間、ひとりでオナニーにふけることも多くなってきいた。

 



ちょっとためらいながらスカートを脱ぐ。恐る恐る、指でパンティーの上から秘部をまさぐってみた。

 

「ああ・・・濡れてる・・・」

 

パンティーにはそれとわかるシミがついていた。

 

「まだなにもしていないのに・・・」

 

周りには誰もいないのに、なぜかとても恥ずかしくなり、顔が真っ赤になった。

 

 

こんな日々を過ごしていた美智子はほかの男に身体を触られるだけでおまんこは濡れてグチョグチョである。

 

 

チケット1枚のサービスはフェラチオだ。

 

 

数年前に見た夫のモノよりもずいぶんと張りがあって大きく感じられました。

 

 

そろりと舌を差し伸ばし、幹根のほうからペロペロと丁寧に舐めまわしていきます。

 

鼻腔を突きぬけていく淫靡な臭い……。

 

 

竿をゴシゴシと扱きながら垂れ流れてくる淫汁を丁寧に舌先で拭ぐい取ってやり、そうしながら尖端部分をカポッと咥え込んでいきます。

 

そして口の中でネットリと舌を押し当て、頭を振りながら私は丹念にちんこの表面を磨いていた。



 

そして、チケット5枚で性行為

 

 

厭らしく勃起した乳首を口に含み、おそるおそる歯をたてていく

 

 

秘芯からトロトロと溢れ流れてくる厭らしい蜜。それがパンティの生地をベットリと濡らしていきます

 

 

恥骨の下あたりに密集している卑猥な茂みを手のひらでクシャクシャと擦ってみたり、大きく縦に割れた部分に指先をスリスリと這わせてみたり、その指の動きはとても新鮮で淫靡でした。

 

乳首をつよく吸わせながらヌレヌレの膣内を淫らに掻きまわしくる住民。

 

 

「あああぁぁ……」

 

 

舌がクリトリスの上を這い、そこの小さな突起物を何度も官能的に押してくる。

 

 

するとバックで住民は厭らしい蜜にまみれた秘肉をヌヌッと押し広げながら奥へ奥へと突き入ってくるちんこ。

 

 

何年ぶりかに味わった男の逞しい感触。

 

「あああぁぁ……」

 

ズンッ、ズンッ、と一突きごとに脳天を貫いてくる凄まじい愉悦

 

「あっ、あっ、あうう……」

 

 

これは、序曲である。

 

 

これからが美智子は住民の人たちの餌食になるのだ。

 

 

ここから無料お試し読みができます。

↓   ↓   ↓

BookLiveコミック

1話¥86です。

9話配信中です。

 

美智子さんのあの可愛い顔が淫乱になる瞬間は抜けます。