「クラスでぼっちの陰キャ女に罰ゲームで告白した結果www」というエロまんがのネタバレと無料お試し読み情報

こんにちは。

 

 

エロまんが大好きなエロエロ大臣です。

 

 

今回は「クラスでぼっちの陰キャ女に罰ゲームで告白した結果www」と言うエロ漫画を紹介します。

 

これは罰ゲームが始まりである。

 

まさか、陰キャラの久美。

 

意外にも巨乳で意外とよく見ると可愛い

 

そして、何と言ってもセックスに前向きである。

 

 

<<<無料お試し読み>>>

「クラスでぼっちの陰キャ女に罰ゲーム」をコピペして検索してください。

 

重たい前髪で目元を隠し、猫背なことも相まって自信のなさが現れている久美

 

そんな彼女が、超美人で巨乳グラマーだと知ったのは罰ゲームのおかげだ

 

罰ゲームのおかげで久美と付き合うことに・・・

 

最初は根暗の久美とは絶対に合わないと思ったが?

 

良く見ると可愛い。

 

バカにしていたけどよく見ると可愛くエロい女だ。

 

俺と久美は、その日から付き合う事になった。

 

久美は、俺の足の間に入って屈み、懸命に俺のチンコをしゃぶっている。

 

顔が前後する度に、すぼめられた唇がカリを刺激し、柔らかな頬が、顔の角度を変える度に四方八方から締め上げ熱い唾液を塗り別の生き物のように蠢く舌がチンコを伝って爪先から頭の天辺にまでぞわぞわとした刺激を与える。

 

顔を動かす速度や舌の動き、唇のすぼめ方を変えている。

 

弱くなったと思ったら激しくなり、カリを攻めたり吸引したりと。

 

まるで、学校内では別人である。

 

こんなテクニックがあるとは・・・?

 

角度を変えて唇に吸い付き、舌を絡ませ、お互いの唾液を交換するように飲む。

 

その間に、俺の右手は久美の秘部を弄っていた。

 

クリを爪や指の腹で弾いたり撫でたり、姫穴の浅い入り口付近を弄ったりと……。

 

久美のオ〇ンコからは愛液が溢れ始める。

 

人差し指を突っ込んで中の具合を確かめると、火傷しそうな熱と膣壁のうねりがあった。無数のひだが、俺の指を飲み込もうと蠕動している。

 

ひくひくと物欲しそうに動くオ〇ンコに、

 

そして、ここでは書けない事が・・・

 

早く抜きたい方はこちらで

↓     ↓     

BookLiveコミック

「クラスでぼっちの陰キャ女に罰ゲーム」をコピペして検索してください。

 

1話¥88です。

7話完結です。

これで誰にもバレすに抜けるのだから安く思いませんか?