女子でも安心して読めるエロまんが

本屋で買えないまんがを紹介します。

小説の書き方を指導してたら、中まで入っちゃった!?というエロマンガのネタバレと無料お試し読み情報

こんにちは。

 

読んでくれてありがとうございます。

 

エロまんがを愛するエロエロ大臣です。

 

文芸部の女子高生は小説の才能があり、それを感じていた教師が

女子高生の書いた小説の感想を語った。

 

その教師は元小説家であるので、

女子高生は何が良いのか、足りないかを的確に教えてもらいたかった。

 

その小説は高校生としては珍しい官能小説であった。

 

そう、あくまでも女子高生の頭の中のものである。

 

想像で書いているので、リアリティーが全然ない。

 

どうしたらそれが叶うのですか?

 

経験することである

 

彼氏に頼んだら!

 

いないので、先生お願いします。

 

でも、問題になるからと断ったが、

女子高生の熱意に負け。あくまでも疑似ですからいう条件で

 

そして、書いた官能小説に基づいて演技をすることに

 

胸を揉んで、と先生が女子高生の胸を揉んで行く。

 

あくまでも、演技だぞ。

 

と言っているが先生もだんだんその気になっていった。

 

女子高生は、胸を揉まれるとこんなに気持ちが良いものだと思い。

 

頬がちょっと赤く染まっていった。

 

すると、四つん這いになり、

 

その言葉のまま、四つん這いになり、

 

パンツが丸見え、

 

それだけでも、恥ずかしい反面期待も大になっていた。

 

パンティーの上からお尻を撫ででいき、

 

パンティーを下すと。

 

秘密も花園はグッショリと光っていた。

 

そう、女子高生も感じていたのだ。

 

その光景を見て先生のアソコも大きくなっている。

 

それを目の前で見るのは初めてで、よりお互いが興奮して。

 

ついに・・・

 

ここまでは無料でお試し読みができます。

気になる方は下記アクセスしてください。

→BookLiveコミック

「小説の書き方を指導してたら、中まで入っちゃった!?」をコピペして検索して下さい。

 

1話¥75です。安いとおもいませんか?

本屋ならこんな値段でかえません。、

買っても期待しているよりエロくなければ泣寝入りですよね。

18話配信中です。

夜のおかずに先ず、1話覗いてみませんか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です