現代日本に種付け牧場ができるまで ~召喚されたエルフの末路~

こんにちは

 

エロまんが大好きなエロエロ大臣です。

 

突如、謎の光と共に美女が降ってきた

 

エルフ?

 

どうせ野垂れ死にするのならこの美女をやっちゃえ。

 

すると次から次へと美女が下りてくる。

 

それなら、こいつらで種付け牧場を始めよう。

 

鎖につながれたメスがち〇この奴隷に

 

<<<無料お試し読みができます。>>>

「現代日本に種付け牧場ができるまで 」をコピペして検索して下さい。

 

誰もいない牧場に1人

 

 

このままここで死んでいくのではと恐怖と悲痛でいっぱいである。

 

そんな中、まさか空から美女が

 

レイプしちゃえ。

 

 

『その可愛らしい口で、私のチンポをしゃぶって欲しいんだ。』

 

 

エルフは覚悟を決め、ブリーフに両手を掛けてゆっくりと降ろしていった。

 

 

ブリーフの中から弾けるように、顔の前に現れた男根はすでに硬く怒張し、使い込まれたその色艶は赤黒く脈打っていた。

 

 

その艶めいた唇を少しずつ開き男根を受け入れた。

 

 

口の中に広がるオスの香りがエルフの鼻腔に広がった。

 

 

『ん…,んふ…..んぐ….』

 

 

『んっ….んっ….んっ….はぁぁ….』

 

エルフの顔を両手で押さえ、喉奥まで男根を突き立てた。

 

 

嗚咽しながらも前立線液と絡まった唾液をダラダラと口の端から流し涙ぐんだ。

 

『ぐぅ…ふごっ…ぐふっ…』

 

ここから無料で読めます。

↓   ↓   ↓

BookLiveコミック

「現代日本に種付け牧場ができるまで 」をコピペして検索して下さい。

 

エルフの美しい乳房の先端を執拗に攻めたてる。

 

乳首を強くつまむ度にエルフは次第に官能の声をあらわにしてしまっていた。

 

『あっ!….あっ…..あんっ…..』

 

『いい声だよエルフ。ちゃんとしゃぶるんだよエルフ。もっと気持ち良くなりたいんだろ?さぁ……舌を出すんだ』

 

エルフはまるで催眠にかけられてしまったように男の前でその美しく長い舌を差し出した。

 

 

その舌先に赤黒い亀頭をピタピタと叩きつけながらニヤリと笑った。

 

 

唾液で濡れた舌先がいやらしい音を響かせた。

 

 

乳房の先端をつまみながら、交互に片方の乳首をその乱暴な舌で舐めまわしていく。

 

 

女芯の中枢を下着の上から手の平で触った。

 

エルフの女芯は官能の炎に灼かれ、愛液は驚く程溢れていた。

 

 

エルフのお〇んこからいやらしいよだれが沢山垂れてヒクヒクしてるぞ

 

 

淫乱オマンコはまだまだち〇こが欲しいって言ってるぞエルフ

 

 

そのエルフが次から次へと舞い降りて

 

 

ち〇こを欲しがる種付け牧場を始めるのだ

 

エルフが犯される姿がエロ可愛い無料で読めます。

↓   ↓   ↓

BookLiveコミック

「現代日本に種付け牧場ができるまで 」をコピペして検索して下さい。

1話¥75です。。

6話配信中です。