生意気なJKを眠らせ犯した「隣のJKに脅されて入り浸られてます(泣」ネタバレ、無料お試し読み情報

こんにちは

 

エロまんが大好きなエロエロ大臣です。

 

「隣のJKに脅されて入り浸られてます(泣」というエロまんがを紹介します。

 

 

不眠に悩むおっさん。

 

 

隣部屋の母子ゲンカが原因。

 

 

その腹いせに隣人のJKのスカートの中を覗いていたが、あっさりとバレた。

 

 

おっさんの部屋で許して貰う代わりにお金を渡した。

 

 

それ以降、JKが隣人の部屋に通うようなった。

 

 

しかし・・・

 

 

<<<無料お試し読みができます。>>>



 

いつものように避難所の隣人の部屋

 

 

おっさんと一緒にゲームをしている。

 

 

JKなのにお酒を飲んでいる

 

 

遅い時間になったから帰ればと言ったがお酒を飲んで酔っぱらっている。

 

 

すると、ソファーで寝てしまったJK

 

 



 

 

ミニスカートだから、パンティーはまる見え。

 

 

欲情を抑えられないおっさんは、

 

 

ちょっとだけなら

 

 

スカート捲り、パンティーを見ている。

 

 

パンティーのクロッチ部分は少し汚れているが、JKなら仕方ないが、それが興奮を増長させた。

 

 

まだ、気づかないJK

 

 

それなら、今度は胸を揉んでいた。

 

 

柔らかいオッパイがの感触がおっさんのち〇こが勃起全開であった。

ここから無料で読めます。

↓   ↓   ↓

BookLiveコミック

 

アルコールが入っているためちょっとやそっとでは起きないかもしれない。

 

 

興奮を抑えつつ、俺は玲愛のパンティの下腹部にそっと触れてみた。

 

すーっと布越しにスジをなぞり、指を縦に這わせる。

「ん・・・・」

 

 

布の上から弄っていると、やがて股間にうっすらとシミのようなものが出てきた

 

 

パンティのクロッチを摘まみ、ぐいっと横にずらした。

 

 

 

膣口の上に小さな突起物が見える、これはクリトリスだ

 

 


 

俺は少し面白くなってクリトリスをコリコリと刺激してやった。

 

「んんん・・・ん」

 

じんわりと愛液も垂れてきたので、それを指先ですくいクリトリスに塗りつけてやる。

 

「ひゃ・・・あ・・・ああ・・・あ・・・」

 

眠りながらも口から涎を垂らし、ガクガクと太ももを震わす

 

 

JKの愛液なんて初めて舐めてみるが、やはり体液ゆえか苦いやらしょっぱいやら、しょんべん臭い味だ。

 

 

今度は寝ているJKの口に臭いち〇こをねじり込んでいく。

 

 

寝ているから、時々歯があたり痛いがそれも刺激的であった。

 

 

そして、JKのお〇んこにその太い肉棒を突き刺す準備が出来上がっていた。

眠っているJKが可愛い表情です。無料で読めます。

↓   ↓   ↓

BookLiveコミック

1話¥64です。。

2話完結作です。