家出ギャルを拾ったらハーレムになった話 ネタバレ 無料お試し読み情報

こんにちは。

 

エロまんが大好きなエロエロ大臣です。

 

今回は「家出ギャルを拾ったらハーレムになった話」と言うエロ漫画を紹介します。

 

神待ちギャルが・・・

 

帰宅途中に家出ギャル「美玖」と出会い

 

彼女とのエロエロな同棲生活を楽しみ始める

 

そして、美玖を追いかけて、一人のギャルが押し掛けてきて…!

 

<<<無料お試し読み>>>

「家出ギャルを拾ったら」をコピペして検索してください。

自宅のマンションの前までたどり着く。

 

いつもの代わり映えのない帰宅風景。

 

俺の自宅マンションの前に家出ギャルが倒れていた

 

俺はふらっと、その家出ギャルのほうへと向かっていってしまった

 

ルックスは整っていて、掛け値のない美少女だ。

 

「お腹が・・・7」

 

てっきりお腹が痛いのかと思ったが!

 

「お腹が空いた」と

 

そのまま目の前にあったマンションの自宅へと連れ込んだ。

 

凄い勢いで食べているギャル。

 

満腹感を味わったギャルは、いきなりブラウスのボタンを外していた。

 

「しよっ・・・💛」

 

「挨拶は良いからさっさと風呂に入れ。」

 

「ちゅっ……んっ」

 

美玖のくぐもった吐息が間近で聞こえた。

 

風呂でいつも使っているはずのシャンプーなのに、甘い匂いが前から漂ってくる。

 

「んっ…ちゅっ」

 

美玖の頭に手を添え、その唇の間に舌を割り込ませ、美玖の舌を嘗め回すように舌で激しく犯した。

 

後ろで着ずれの音がした。

 

裸の美玖がいた。

 

カチャカチャとズボンのベルトを外す。

 

ズボンが重力で床に落ちた。

 

下着を下げ、露出した分身を美玖の視線に晒した。

 

美玖が俺の眼の前に跪く

 

豊かな胸の膨らみと、太ももに挟まれてぴっちりとした割れ目が上から見えた

 

長い髪をかき上げ、俺のペニスをゆっくりとその口に咥えた。

 

「んぅ…あむっ…ちゅっ…」

 

「んぶっ、んぶっ、ちゅっ、ちゅっ、じゅぼっ、じゅぼっ……はぁ、はぁ。んっ…ちゅむ、ちゅむ、じゅぼっ、じゅぼっ」

 

たまに休みながら、美玖が口淫してくれる。

 

激しく突っ込まれながらも、ペニスを懸命に舌で絡めるように舐めあげられる感触を感じた。

 

涙目で見上げる美玖の顔。顎から垂れて胸にまで伝った唾液が、その興奮を加速させた。

 

深く美玖の喉を突き刺していた俺のペニスが、たまらずどくどくと精液を吐き出した。

 

溜まっていた欲望を美玖の口に全て吐き出した。

 

美玖の正座。膣の入り口に向けると、ぐっしょりと濡れ、布団に小さな染みを作っていた。

 

美玖のクリトリスを押し込むように刺激した。

 

美玖の背が反り、股間から激しく潮が吹かれた

 

美玖のオ〇ンコが、ぴくぴくと俺を挑発していた

 

ゆっくりと美玖の舌を愛撫しながら、少しずつ、美玖のオ〇ンコに剛直を埋め込んでいく。

 

そんな中、またもう一人のギャルが訪ねてきた・・・

 

この後は本誌で楽しんで下さい

早く抜きたい方はこちらで

↓   ↓   ↓

BookLiveコミック

「家出ギャルを拾ったら」をコピペして検索してください。

 

1話¥88です

6配信中

これで誰にもバレすに抜けるのだから安く思いませんか?