義父のエロ行為は半端じゃない「新米ママさんNTR」というエロマンガの情報

こんにちは!

 

オトナまんが好きなエロエロ大臣です。

 

エロな義父の必要に責められる新妻。

 

この義父にから逃れらるのか?

子供が生まれ幸せ一杯の芽以。

 

義父と4人暮らしである。

 

義理父はずっと体の調子が悪そうであるが、最近は元気なってきた。孫が生まれたからか?

 

母乳を与えていた芽以はもうちょっと飲んで欲しかった。それは、オッパイが張るからであった。

 

すると、義父が現れ。

 

「もしかして、乳がはっているんじゃないか?」と言ってきた。

 

 

 

「ワシでよかったらマッサージしてあげようか?遠慮しないでいいよ」

 

と言いながら、

 

オッパイがを鷲掴みで揉んでくる義父であった。

 

「もう、大丈夫ですから・・・」

 

しかし、義父はまだまだこれからであった。

 

「母乳が出ると服が汚れるから」と言って直接胸を触ってくる。

 

「きゃ~」

 

「これで、噴き出しても大丈夫」と言って胸を揉み上げる。

 

柔らかいおっぱいの感触が心地よい義父であった。

 

乳首を摘まんで乳を出そうとすると、

 

「ビュッ!」と飛び散らしたが、まだまだ

 

今度は乳首を舐めて吸い出そうとしていた。

 

「うまいぞ・・芽以さん・・・」

 

「ワシまで元気になる。」

 

芽以は恥ずかしい気持ちより乳首を吸われ感じていたのである。

 

義父は「少し腫れはひいたかな!」

 

「また、辛くなったらマッサージしてあげるから!」とニヤニアしてその場を去った。

 

その夜、寝室で

 

芽以は夫に義父の事を言おうとしたが、切り出せなかった。

 

寝ようとしたが、おっぱいが張って寝られなかった。

 

その時、義父が耳元で囁きかけた。

 

「おっぱいが張ってねむれんじゃろ・・・今楽にしてあげるから!」

寝巻のを払いのけ直接オッパイを揉みだした義父。

 

声も出せない

 

夫との寝室にまさか義父が侵入してきた義父。

 

そして、芽以のオッパイがはってるのではと思い揉んでくる。

 

昼間の芽以のオッパイを見て元気がでてきた義父。

 

もう、性欲が止まらない。

 

いい年をしてち〇ぽが立ってきている。

 

「芽以さんのせいじゃ。元気なったから・・・」

 

そして、芽以のオッパイに義父のち〇ぽを挟み込んでいた。

 

パイズリをしてもらおうと思っていた。

 

母乳がでて、まるでマン汁みたいに潤滑油の役目をしていた。

 

「出るぅ~」

 

義父の精〇は、病気で寝ていたとは思えない凄い量であった。

 

こちらで

↓  ↓  ↓

DMMコミック

 

そした、「まだまだじゃ、ちょっとだけ入れさせてくれんかのうぉ・・・」

 

信じられない言葉がでた。

 

「ダ・・ダメです・・・」

 

こうなったのも、昼間の無防備なオッパイをみせるから、芽以のせいだという義父。

 

股間に手を廻し、ま〇こに手をそえると濡れているのがわかった。

 

ニヤついた義父は、

 

「先っぽだけじゃ、先っぽだけでいいんじゃ」といいながら挿れてくる。

 

先っぽを入れただけで、引き締まるま〇こに義父はイってしまいそうになった。

 

「お・・おま〇こ最高・・・もうでる。」

 

「ダメ、ダメ、ダメよ、抜いて、抜いて、出して~」

 

義父は勘違いをしていた。「出して~」という言葉に中出しokと思っていた。

 

「なぬぅう・・・」

 

「な、なんで、中にだしてる?」

 

しかし、義父はとまらない。

 

「まだ、元気じゃ」と言いながらまた挿れてきた。

 

芽以の乳のせいだと言って、正常位で年甲斐もなく「パンッ、パンッ」とピストン運動が激しくなったいった。

 

「人でなし・・アンっ・・・ケ・ケダモノ」

 

義父にはそんな言葉は気にしない、また、中出しをしてしまった。

 

そして、芽以のま〇こから義父の精〇が溢れ出てくる。

 

「ひ、ひどいよ!」と言いながら泣きじゃくる芽以に

 

「明日にでも、ヨウイチとセ〇クスせえよ。そうすれば誰の子かわからないから・・・」

 

それからも義父は芽以の身体を求めてくるようになった。

 

子供が寝たら、芽以を裸にさせて、バックからち〇ぽを突いてくる義父

 

 

「孫も可愛ええが、嫁の方がもと可愛ええっ!」

 

「パンッ・・パンッ」とピストン運動でのお尻にあたる音が聞こえる。

 

ち〇ぽを入れたまま、騎乗位に

 

「そのまま、自分で腰を動かしてくれ・・・芽以のオマ○コでしごいてくれ・・・」

 

義父のセ〇クスはとてもいやらしい!

 

聞いたことがない卑猥な言葉を芽以に浴びせる。

 

「ち〇ぽいいと言え!オマ○コはもっと突いてと言うんじゃ・・・」

 

芽以は、当然無視しているが、そこが義父の欲情をそそりたてさせた。

 

 

「強情なおんなだが、そこがいいんじゃ」

 

 

「たっぷり、時間をかけて調教してやる!」

 

夫のいない昼間は調教タイムである。

 

ある時は、

 

道具を使って・・・

 

そう、芽以は縛られ、声を出せないようにタオルで猿ぐつわをさせられ

 

「今日は機械を使って、マッサージじゃ・・・」

 

電マで乳首をせめる。

 

「んぐっ・・・んっ・・・んぐっ・・・」

 

芽以の身体が徐々に変化していった。

 

「あっ、イヤ・・・ビクッ・・・」

 

身体が震えていた。

 

「気持ちいいんじゃろ・・・」とニヤッとしている義父

 

電マをあてると母乳が飛び散っていく。

 

「気持ちいいか・・・」

 

「気持ちよくなんか・・・ない・・・アンっ!」

 

芽以は抵抗していたが、時折、小さい喘ぎ声が漏れていた。

 

 

 

「息子のもんでも女を寝取るとはいいもんじゃ💛」

こちらで

↓  ↓  ↓

DMMコミック

 

 

 

「息子も浮気をしている。わしの子だから・・・」

 

納得できる事だが、芽以は当然信じてない。

 

「ケダモノ!アッ・・ひとでなし・・・」

 

「もっと言え。もっとののしれ!その方が燃えるわい!」

 

何を言っても無駄である。

 

「サイテ~。あんたなんか犬以下よ・・・」

 

義父はニヤリとして

 

「そのサイテー男のち〇ぽで,〇かされて悦んでいるのは、誰じゃ!素直になれ!」

 

「メスになるんじゃ・・・」

 

しかし、くやしいが芽以の身体が感じている。

 

言葉とは裏腹に思いっきり乱れたいと思っていた。

 

こんないやらしいセ○クスは初めてである。

 

 

保育園に送った芽以

 

助手席にはなぜか義父が乗っていた。

 

「夕方前でゆっくりできるの・・・」

 

また、いやらしい事をしてくると思った芽以

 

「連れて行ってほしいところがあるんじゃ・・・」

 

「妙なことを考えているのではない・・・見せたいものがあるんじゃ・・・」

 

しかし、芽以は信じていない。

 

着いたところがラブホである。

 

芽以はやっぱりねと思っていたが、

 

夫が生徒と中に入っていくところを目撃した。

 

「真っ昼間から教え子としけこむとはようやるわい!」

 

信じられな芽以はもうやけくそになっていた。

 

義父とそのラブホに入っていった。

 

泣きじゃくる芽以を尻目に義父はニヤついてオッパイを揉みながら

 

「ひどい奴じゃのぉ、芽以さんがいるのに・・・」

 

「でも、お互い様だのう・・・」

 

「芽以さん。わしのを舐めてくれんかのぉ・・」

 

「グポォッ」

 

素直に義父のち〇ぽをなめる芽以

 

信じていた夫の裏切りに芽以は自分もおかしくなって、いっそ楽になりたいと感じていた。

 

張り詰めた糸が切れる瞬間である。

 

もう、1人・・イヤ1匹の雌犬になってしまった。

 

「もっと・・もっと突いて、突いて、お義父さまぁ~」

 

「お義父さまだけの女になります💛お義父さん専用のま〇こになります💛」

 

義父はもっと芽以を追い詰めるたまに

 

「きっと、隣の部屋で息子たちもヤットるかもしれんのぉ」

 

芽以は自分から積極的に腰を振って、何もかも忘れられるようにセ〇クスに集中していた。

 

狂わせて欲しかった。ぐちゃぐちゃにされたい気分であった。

 

隣では

 

「先生、もっと突いて、気持ちいい・・・」

 

息子も若い生徒とセ〇クスに夢中になっていた。

 

生徒がこんなHに改造されたのは先生のせいである。

 

先生のち〇ぽがたまらなくよいみたいだ。

 

出来ればそのち〇ぽで妊娠したいと感じてる生徒

 

先生の精〇を挿れてもらい、孕ませたい

 

ド変態の生徒の変貌させたのは先生である。

 

似たもの親子である。

 

変態DNAが受け継がれている。

 

一方、

 

年甲斐になく、激しい動きをする義父

 

 

「あああぁーん、激しすぎる~壊れる・・芽以のオマ○コ・・・」

 

 

芽以のま〇こはいい具合になってきている。

 

 

「あっ・・も・・燃える・・もえるわ・・・」

 

 

「いい熟女ま〇こになってきおる・・・」

 

 

芽以は義父のち〇ぽに夢中になり、もう中出しでもよくなっていた。

 

 

その証拠に、イキそうになる瞬間足を義父の腰にクロスして放さないようにしていた。

 

芽以の口からは、

 

「おま〇こ~・・おま〇こ~」と恥ずかしい言葉を連発してイってしまった。

 

義父の精〇が芽以のおま〇こにたっぷり注がれていった。

 

愛娘は、しゃべらないが「何やってんだお前ら」と思っていたに違いない

こちらで

↓  ↓  ↓

DMMコミック

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です